ご利用のブラウザはサポートされておりません。

ご利用のブラウザでは一部の機能が使用できない、もしくはページが正常に表示されないことがあります。ブラウザを最新のバージョンに更新して閲覧ください。

お知らせ

サンフランシスコ語学研修だより(現地29日)

今日はB先生が高校に付き添っていたため、中学の報告が少ないです。あらかじめお詫びします。さて、どんな1日だったのでしょうか・・・。

—————————————-

[中学]

授業4日目。今日は同志社の生徒向けの特別授業はなく、ヌエバ生の授業に一緒に出たそうです。

昨日のホームページに載せていなかったのですが、昨日はヌエバ生と一緒に羊の心臓の解剖をした生徒もいたそうです。ヌエバの先生から写真をいただいたのですが…グロテスクなので載せないことにします。

今日の授業の後は、ホストと同志社の生徒たちで、ボーリングに行きました。
とても楽しそうでした!

 

[高校]

今日はField Trip(遠足)の日。行き先は、FacebookとStanford Universityです。まずはFacebookへ。今回、訪問できることになった理由は、ヌエバの保護者の中に関係者がいらっしゃったからです。とても貴重な経験をさせていただけることに感謝しています。

2台の車で分かれて行きましたが、ちょうど各校2名ずつが乗り込み、他校の生徒とも、積極的に交流していました。40分ほど車に乗って、Facebookの本社に到着です。カラフルなビルが並んでおり、その周りをかなり広い駐車場が囲んでいました。入場までにしばらく時間があったので、駐車場の入り口にあった「いいね」マークの看板で、集合写真を取りました。

その後、いよいよ建物の中に入ります。その瞬間、壁に描かれている絵に圧倒されました。この本社は新しいそうで、移転した際に、David Choeというアーティストがスプレーで描いたそうです。(今やこのアーティストはミリオネアだとか!)受付でネイムタグを受け取り、注意事項を聞きます。仕事中の人を撮らないこと、パソコン画面を撮らないこと、ガイドのお姉さんの説明中にビデオを撮
らないこと、それ以外は写真撮影OKでした。わくわくしながら、中に入ると…そこにはテーマパークのような世界が広がっていました!

たくさんの衝撃があり、書き出すと止まらないので、3つのポイントにまとめます。

その1:いろんな施設がある。

食べるところはもちろん、服屋さん、美容院、ランドリー、デザインなど習い事のできる部屋、ゲームセンターなど、この会社内で暮らせるほどのいろんな施設があります。噂によると歯医者さんや自転車修理のお店もあるとか。その理由は「従業員が、良いと思う環境で働かないと、素晴らしいアイディアは生まれないから」だそうです。例えば「働いている間に、やらなければならなかったランド
リーが済むと、週末、自由に過ごせる時間が増える。すると、自由な時間を楽しむことができ、リフレッシュして、また一生懸命働ける。」と考えるそうです。自転車もたくさんあり、建物間の移動に自由に乗れます。

みんなで、ゲームセンターの建物に入りましたが、ただただゲームをしている方がいらっしゃいました。従業員は、ストレスが溜まったときや気分転換したいときは、いつでも気晴らしに遊べるそうです。日本のゲームが多いみたいで、ゲーム機に日本語が書かれていました。
その2:食べ物は無料。従業員もゲストも。

ハンバーガーショップ、メキシカン、パン屋さん、アイスクリーム…様々なものがあります。私たちは、ランチにハンバーガーショップに行きました。オーダー用紙に、自分の好きな具材をチェックし、名前をかいて用紙を提出して待ちます。すると “Keiko, your food is ready!”と呼んでくれます(注:B先生の名前はKeiko)。その後、更に具材をトッピングできます。みんな、テンションが上がりまくりでした。ちなみに、飲み物も飲み放題、ペットボトルも取り放題です。

 

その3:アイディアはどこから生まれるか分からないという考え方。

今、日本で人気のInstagramが生まれたという倉庫のような建物がありました。周りから離れて相談したい人たちが、自由に使えるスペースだそうです。Instagramは、その場所で最初はたった25人ほどでアイディアを出し合って始まり、今では多くの従業員がいて、世界中に普及しています。どんな小さなことでも、可能性を考えるということを、ガイドのお姉さんが熱心に話されていまし
た。

最後は、Facebookのお土産屋さんに寄り、色々なグッズを購入していました。そして、ネイムタグのシールを「一生の記念や。」と持ち帰っていました。

 

再び車に乗り込み、次は名門スタンフォード大学に行きました。緑に囲まれた素晴らしいキャンパスです。ヌエバの先生がツアーをしてくださいました。この大学内には、ロダンの彫刻がたくさんあります。彫刻に似たポーズで記念撮影、「地獄の門」の前で記念撮影。そして、なんと、大学内には美術館もあります。あの有名な「考える人」が展示されています。もちろん、写真撮影。大学内
にある教会の中も入りましたが、そこは静かで神聖な空気が流れていました。ゆっくり見たいところですが、時間があまりなかったので、早歩きで校内を歩きます。広大な敷地と、青い空と緑の芝生、歴史的な建物のコラボレーションは本当に美しかったです。最後には、ショップに入り、スタンフォードグッズを買っていました。

そして、車でヌエバ高校に戻りました。今日は夏のような天気でとても暑く、日焼けしましたが、とても思い出に残る経験をした1日になりました。