ご利用のブラウザはサポートされておりません。

ご利用のブラウザでは一部の機能が使用できない、もしくはページが正常に表示されないことがあります。ブラウザを最新のバージョンに更新して閲覧ください。

カレッジソング

Doshisha College Song

作詞:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

1)
One Purpose, Doshisha thy name
ワンパーパス同志社ザイネイム
Doth signify one lofty aim;
ダス、スィグニファイ、ワンローフティエイム
To train thy sons in heart and hand
トゥトレーンザイサンズィンハートンハーンド
To live for God and native land.
トゥリヴフォガーダネイティヴラーンド
Dear Alma Mater, sons of thine
ディア、アールママーター、サーンゾヴザイン
Shall be as branches to the vine;
シャルビー、アズブランチェズ、トゥーザヴァイン
Though through the world we wonder far and wide,
ゾー、スルーザーワールドウィワンダ、ファーランワーイド
Still in our hearts thy precepts shall abide!
スティール、インナワハーツザイプリセプツ、シャーラーバーイド

1)和訳
「ひとつの志」同志社よあなたの名は、
まさに一つの立派な目的を表します。
あなたの子どもたちを心身ともに鍛え、
神と祖国のために生きる者とするのです。
愛する母校よ、あなたの子どもたちは、
ぶどうの枝のようになり、
世界中に遠く広く散らばるでしょう。
しかしあなたの教えは心に留まるでしょう。


4)
Still broader than our land of birth,
スティル、ブローダザンナワ、ラーンドヴバース
We’ve learned the oneness of our Earth;
ウィーヴ、ラーンザーワンネスオーヴァワラース
Still higher than self-love we find
スティル、ハーイアザンセルフラヴウィファーインド
The love and service of mankind.
ザ、ラヴアンサーヴィスオヴマンカーインド
Dear Alma Mater, sons of thine
ディア、アールママーター、サーンゾヴザイン
Would strive to live the life divine;
ウードストラーイヴトゥリヴザ、ラーイフディヴァイン
That we may with increasing years have stood
ザーッ、ウィーメイ、ウィーズィンクリースィン、イーアズハーヴストゥーッド
For God, for Doshisha, and Brotherhood!
フォーガッ、フォー同志社、アンブラーザーフーッド

4)和訳
たとえ世界が私たちの生まれた所より広くても
私は地球が一つであることを学びました。
自己愛よりももっと高いもの
愛と奉仕を私たちは見つけました。
愛する母校よ、あなたの子どもたちは、
神から与えられた人生を生きるために努力します
何年もの時を重ねながら私たちは
神と同志社と兄弟姉妹のために立ち続けるでしょう。


こちらで公開しているマンドリンによる演奏は、2005年9月23日に同志社大学寒梅館で行なわれました「第6回みんな集まれ演奏会」で収録されたものです。1曲目は現役生、2曲目は演奏会の最後に演奏された現役生と卒業生の合同演奏によるものです。